いい子じゃなくてもいい

あー
どんどん気持ちが晴れていく。
今までなんだったんだろう

なんだか本当に心がはればれとしていく。

親の、特に母親の縛りから解き放たれて、それから親から借りているお金を返さないことに決めたせいか、親と縁をきったからなのか、とにかく、どんどん気持ちが晴れていきます。

あー
これで俺は誰にも気兼ねせずに、堂々と生きていかれるだ。
いい子じゃなくてもいいんだ。

モラルとマナーと常識と、思いやりと、感謝の心。
これをきちんと持っていれば、人生なんとでもなるんだ。
母に縛られて、母にいい顔を見せようと頑張って、
でも、それをできないと心が沈んで、
そんな自分がひ弱。

妻を見習えといいたい。
妻は7歳で両親が離婚。
一番母親が必要な時期に、母は子を見捨てて去っていった。
だから、今、大人になって、母にいい顔を見せなくてもいいのだ。

妻は俺のことを第一に考えてくれている。
それは、親になんといわれようと、自分の信念に間違いはないと信じているから。