予約社会です

今年は、奮発して、クリスマスケーキをデパートの有名菓子店のものを頂戴したいなあと思って、お買い物に出かけると、なんと、どこもかしこも長蛇の列で、相当、家計も景気が良くなっているのだなあと思いました。
行列に並んでお買い物をする気持ちにもなれず、身近にあるお店のケーキまでもが売れてしまうといけないと思い、大至急、ケーキの調達に出かけたのです。すると、そちらには、たくさんの在庫がありました。
そこで、二つほどキープしたのですが、家に帰り、いただいてみると、やはり、サンドされているものが、いちごではなく、ジャムだったりして、とてもがっかりとしたのです。やはり、クリーム系のところが、本物とは違いますね。おいしいものが戴きたいです。
現代は、予約の時代で、予約しないと、なんでも受け付けていただけません。できたら、予約なしでもいいところも、少しだけ、一つでも余裕があるといいです。初めの生きだしが予約だと、いけないのです。ぶらりと入りたいというか、気まぐれです。
予約もいいにはいいですが、あまりにも、整然としているというところがなじめないです。選ばれしもの、事前キープしたものという感じで。
という自分も、インフルエンザだけは、十月に予約をしていました。
キャッシング 川崎